『カタカナーシ』ってどんなゲーム?家族で遊んだ感想とルールを紹介

2023年06月

※この記事には広告表現を含みます

こんにちは、ツカヤです!

この記事では

  • 家族とボードゲームで遊びたいけど、ゲーム選びで失敗はしたくない
  • 購入を検討しているけど、子供と遊んで楽しいのか知りたい

こんな方に向けて、実際にボードゲームを購入し家族でプレイした感想や
ルールについて解説します。

今回は幻冬舎から好評販売中の、家族でワイワイ盛り上がれるパーティー
ゲームカタカナーシを紹介していきます!

家族と盛り上がれるボードゲームを探している人や、購入するか悩んでいる人は、
ぜひ参考にしてみてください!

対象:8歳以上
人数:3~8人
プレイ時間:15分
準備:お題カード(+イベントカード)
発売元:株式会社幻冬舎

ゲームデザイナー:Kazuna*(TUKAPON)
販売価格:1,600円(+税)

カタカナーシってどんなゲーム?

カタカナーシとは、「アイスクリーム」や「ミルクティー」といったカタカナ語をカタカナを使わずに説明し、他プレイヤーに伝わるよう説明するゲームです。

例えば「アイスクリーム」を説明する場合は、砂糖と牛乳を冷やして固めた冷たいお菓子。

みたいな感じで説明します。

「なにそれ、簡単じゃん。私の語彙力なら余裕

というアナタ!

このゲームを遊びましょう! ヒーローになれますよ♪

使う道具はお題の書かれたカードのみ。

複雑なルールもないので、小学生の子供とも遊びやすいゲームです。

内容物

・お題カード 72枚
・イベントカード 8枚
・説明書

お題カード

お題カードには1枚につき全6個のお題が書かれており、裏面には1~6までの
数字が書かれています。

お題の種類は、なんと432個!?

お題数
72枚 × 6種類 = お題数432

お題はランダムに選ばれるので、1ゲーム中に被ることはまずありません。

中には難しいお題もありますが、その時は諦めましょう(笑)

イベントカード

イベントカードは全4種×各2枚あります。イベントカードの内容は以下の通り。

  • 単語だけで:文章ではなく、カタコトで説明します。
  • ラップ風に:ラッパーになりきって説明します。
  • 声を出さずに:身振り手振りなどのジェスチャーや口の動きだけで説明します。
  • 濁音・半濁音なしで:濁音と半濁音を使わずに説明します。

お題に馴れてきたとしても、このカードが投入されるだけで一気にゲームの雰囲気が変わります。

ラップ風は中々照れ臭いですが、パーティーゲームだからと割り切りましょう!

恥ずかしがりながらやると余計に恥ずかしくなります。

そう私のようにね!

イベントカードの使用の有無は自由なので、ゲームに馴れてきたら、ちょっとしたスパイスとして加えてみてはいかがでしょう?

説明書

これは説明不要ですね。

説明書です!!

ゲームの準備

①山札を作る

お題カードをすべてシャッフルし、裏向きにして山札にします。

イベントカードを使用する時は、お題カードとイベントカードを合わせて
シャッフルして山札にします。

②スタートプレイヤーの決定

じゃんけんやサイコロなどでスタートプレイヤーを決めた後、ゲーム開始です。

カタカナーシの勝利条件

ゲームを進めていき、最初に10点を取ったプレイヤーが勝利です。

カタカナーシの進め方

①山札からカードを引く

まず、スタートプレイヤーが山札からカードを1枚引きます。

他プレイヤーにお題が見えないよう注意しましょう!

②お題の説明

①で引いたお題カードの内容を確認。

お題カードに書かれた6つのお題の中から、山札のトップに見えている
数字のお題を説明
します。


山札のトップが5なので、お題カードの5について説明する

③お題を当てる

説明を聞いた他プレイヤーは、早い者順で1度だけ解答ができます。

解答はどのタイミングでしてもOK。

極端な話し、一言も喋ってなくても解答可能です。

まあ、当たるかどうかは別ですけどね(笑)

④得点

正解したら、お題を出したプレイヤーは説明したお題カードを得点にします。

また、1番先にお題を当てたプレイヤーも、山札の1番上から1枚お題カードを取って
自身の得点にできます。

得点にしたカードは、自分の前に置いておきましょう。

説明したプレイヤーと正解したプレイヤーが、それぞれ1点獲得する形ですね。

⑤説明プレイヤーの変更

スタートプレイヤーから、お題を当てたプレイヤーに説明役を変更します。

新たに説明役となったプレイヤーは、山札からお題カードを1枚引いて次の
お題を説明します。

※得点として引いたカードとは別に1枚引きます。

⑥手順を繰り返す

①~⑤の手順をゲーム終了まで繰り返しましょう。
(10点獲得したプレイヤーが出た時点で終了)

カタカナ語を使ってしまったら?

即敗北です!

なんて厳しいルールはないのでご安心を(笑)

説明役のプレイヤーがお題説明中にカタカナ語を使ってしまった場合、
気が付いたプレイヤーが指摘します。

指摘が成功したプレイヤーは、お題を出したプレイヤーの手札を得点
としてゲット
できちゃいます

その後、指摘したプレイヤーに説明役が移ります。

相手プレイヤーの得点を奪うことが出来るので、とってもお得ですね。

正解者が出なかったら?

「ガンバって説明したけど、ぜんぜん分かってもらえない!」

なんて場面もゲームを進めていくと当然出てきます。

いやだって、難しいんだもん

その場合は現在持っているお題カードを捨て、山札から新しいお題カードを
1枚引きましょう。

引いたお題カードを使って改めて説明開始です!

捨てたカードは山札や、得点したカードなどと混ざらないように気を付けましょう。

そもそもカタカナ語ってなに?

カタカナ語とは、「外来語」「和製英語及びその略語」「英語を漢字に当てはめたもの」を指します。

①外来語

ゲーム、チョコレート、アラート、ウォーターなど

②和製英語やその略語

サラリーマン、テレビ、リモコン、ノーパソなど

③英語を漢字に当てはめたもの

珈琲、煙草など

カタカナーシレビュー

「いやあ楽勝でしょ? だって俺さ、大人よ?」

なんて高を括っていたのですが、思った以上に難しかった(笑)

いや、ゲーム自体はスゴくシンプルなんですけどね。カタカナを使わずに
説明するのがこんなに難しいとは。

むしろ知識が多い大人の方が手間取る印象。

とはいえ、その難しさが面白さに直結しているので、思考すること自体は
全然苦になりませんでした。

流石に息子君と同点だったのはショックだったけどね!

妻の感想

子供たちが四苦八苦して頑張っている姿が面白かった(ヒドイ!)

国語の勉強にはいいんじゃないかな? 思考力とかつきそう。

娘の感想

まあ、面白いんじゃない? ちょっと眠かったし? 今度はもっと出来るかな?
次は負けないから。

(思ったよりも上手く説明できなくて、やや言い訳気味の娘さんです)

息子の感想

面白かった! またやりたい!

(息子君が意外にも説明上手で、私は驚いたよ)

まとめ

今回はカタカナ語を使わずにお題を説明するボードゲームカタカナーシ
紹介しました。

ゲームのルールはとてもシンプルで、ボードゲーム経験の有無に関係なく楽しめる
良ゲーでした。

戦略性や騙し合いが必要となるゲームではないので、中学生の娘や小学生の息子
でも十分に楽しむことが出来ましたね。

複雑なルールもないので家族と遊ぶなら、かなりおススメできるボードゲームです。

以下、カタカナーシの個人的に良かった点と微妙だった点。

良かった点
・小学生低学年の子供でもルールを理解できる
国語のが鍛えられる
・みんなでワイワイ騒ぐことが出来る
微妙な点
・解説役になると確実に点数を取れてしまう
・語彙や知識の少ない子供だと、説明できない単語が多い

 (我が家では、小学生の息子はお題を好きに選べるようにしました)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

●「カタカナーシ」以外のボードゲームも紹介しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました