イナイーノ 誰よりも早く「ない」を見つけるボードゲームのルールと家族で遊んだ感想を紹介

2023年11月

※この記事には広告表現を含みます

こんにちはツカヤです!

今回は誰よりも早く「ない」を見付けるボードゲーム はやく見つけて! イナイーノを遊んでみました。

カードに描かれた中から無い色や形を探して、誰よりも早くそれを指摘する!

シンプルなルールなのに、妙に集中力を使うので中々に白熱します!

この記事では主に

  • イナイーノのルール
  • イナイーノを家族で遊んだ感想

について紹介しています。

商品情報
対象年齢:7歳~
プレイ人数:2~5人
発売元:
株式会社ビバリー
ゲームデザナー:居椿 善久(サイ企画)
箱サイズ:W124×H132×D30mm
販売価格:\1,650円(税込み)

イナイーノってどんなゲーム?

イナイーノはカードに描かれた模様の中から、ないイロやカタチを誰よりも早く見つけることを目的としたカードゲームです。

カードに描かれた模様は、全部で7色、7種類の形があり、各カードにはそれぞれひとつ足りない6色、6種類の形が描かれています。

各プレイヤーは山札をめくり、カードの指示に従って 「ないイロ」「ないカタチ」 を見つけ出すのです。

すみっコぐらし バージョン!?

実はイナイーノには通常版とは異なる、すみっコぐらしバージョンが存在するんです!

パッケージやカードには可愛いすみっコたちがいっぱい書かれています。

ルールは通常版のイナイーノと同じなので、

「すみっコが大好き!!」

という方にはこちらがおススメ!

イナイーノの内容物

イナイーノの内容物について紹介します。

①プレイカード   56枚
②ルール説明カード 4枚
③カードケース   1個

①プレイカード

プレイカード:56枚

表面に六種類のカタチとイロが描かれたカードです。

裏面にはプレイヤーへの指示が書かれており、その指示に従ってイロまたはカタチを探します。

・裏面に「ないカタチ」と書かれていたら、カタチを探す
・裏面に「ないイロ」と書かれていたら、イロを探す

②ルール説明カード

ルール説明カード:4枚

イナイーノのルールが書かれたカード。

説明カードには2つのルールが書かれているので、馴れるまでは各プレイヤーの手元に置いておいても良いと思います。

③カードケース

カードケース:1個

イナイーノに収録されているカードが全て収まるカードケースです。

箱よりもコンパクトなので、持ち運びにとても便利です。

イナイーノの勝利条件

イナイーノでは、最初に10枚のプレイカードをゲットしたプレイヤーが勝利となります。

素早くお題に答え、誰よりも早くプレイカードをゲットしましょう!!

イナイーノのゲームの流れ

イナイーノのゲームの流れについて紹介します。

①カードをシャッフルする
②親プレイヤーを決定する
③山札のカードをめくる
④お題にそった回答をする

①カードをシャッフルする

ルール説明カードを除いた全カードをよくシャッフルします。

シャッフル後、各プレイヤーの中央に山札としてカードを置きましょう。

②親プレイヤーを決定する

じゃんけんで親プレイヤーを決定します。

もし、じゃんけんじゃアイツには絶対に勝てねえ、というときは別の適当な方法で決めてもOKです。

サイコロとか。

③山札のカードをめくる

親プレイヤーが山札のカードを1枚めくり、山札の1番上のカードの指示を読み上げます。

指示読み上げ前に取っちゃダメですよ?(笑)

④お題にそった回答をする

読み上げられた指示に従って「ないイロ」または「ないカタチ」を探して、いち早く「ナイ」を答えます。
(「ないイロ」なら「青色!」とか、「ないカタチ」なら「四角!」とか)

答えたプレイヤーはめくったカードを獲得!

複数のプレイヤーが同時に答えた場合はじゃんけんをして、勝ったプレイヤーがカードを獲得します。

お手つき(言い間違い)をしたプレイヤーは、獲得しているカードを1枚捨てます。

捨てられるカードがない場合は1回休み、次にカードをめくるときまでカードの獲得権はありません。

イナイーノを家族で遊んだ感想

ない色と形を探すだけの簡単ゲームのはずなのに、意外と難しい(笑)

全7種しかないのにビックリするぐらい見つけられない!

どれだどれだ?

と探している内に、他の人にサッと取られちゃう。

軽い気持ちでプレイしたけど、勝とうと思うと本気で集中しなくちゃいけないから、ゲーム終了後は心地いい疲労感が(私だけ?)

面白いゲームではあるけど、運要素がないから実力差が出やすいのが難点かな?

シンプルルールで幅広い年齢が遊べるゲームだけに、そこは残念に感じるところ。

妻の感想

実力勝負のゲームが好きだから、個人的にはけっこう面白かった。

ただ、運要素がないから実力差があると一方的なゲームになるのが微妙かな。

子供たちと遊ぶと、どうしても気を使わないといけないし。

あと、色に限定した話だけど、もう少しハッキリとした色を使った方が良いと思う。

人によっては色の差が分からないとかありそう。

いやあ、強かった(笑)

私も頑張りましたが、差を広げないようにするので精一杯でしたよ

娘の感想(中学生)

面白かった!

形よりは色を探す方が得意かな?

ママには勝てなかったけど、今度遊ぶときは勝ちたいな。

スピードを求められるゲームは本当に強い娘ちゃんです

息子の感想(小学生)

ぜんぜん見つけられない~。

僕、このゲーム苦手。

年齢差もあってか、どうしても運要素が無いゲームは厳しそう

イナイーノの評価

今回は誰よりも早く「ない」を探し出すボードゲーム イナイーノを遊んでみました!

シンプルルールで平仮名とカタカナさえ読めれば遊べるので、幅広い年齢層に対応できるのが良いですね。

付属のカードケースを使えば、とてもコンパクトにまとめられるので出先でちょっと遊ぶのにももってこいです。

ただし、運要素がほぼ皆無なので実力差が出やすいのが微妙な点。

年齢層を選ばず遊べるのに、相手を選ぶ必要があるという絶妙な噛み合わなさがあります。

実力差が感じられる場合は、強いプレイヤーは何秒か間を空けてからスタートするなど、独自のルールを設けると良いと思います。

小学生との盛上り度★★
中学生との盛上り度★★
大人との盛上り度★★

 イナイーノの微妙な点 

  • 運要素皆無なので実力差が出やすい

 イナイーノの良い点 

  • ルールが簡単なので小さな子どもでも遊べる
  • 知育ゲーム感覚で色や形の認識能力が鍛えられる

コメント

タイトルとURLをコピーしました